歯医者ではどんなことをしてくれるの?

ここでは歯医者の数に着目してみたいと思います。 歯医者の数は現在ではコンビニよりも多いとされています。 みなさんも街などを歩いていると、いたるとことろに歯医者がある光景を目にされたことがあるかもしれません。 歯医者が多いほど、どの歯医者に行けばいいか分からないという問題が生じてしまうかもしれません。

自分で見つけ出す

ここでは歯医者選びのポイントについてご紹介します。 今ではコンビニより多く存在する歯医者ですが、何を条件に選んでいるでしょうか。数多く存在する歯医者の中からご自身に合った歯医者を選ぶためには、いくつかのポイントを押さえたうえでご自身で見極める必要があります。

最初は限定をしない

歯医者選びをするにあたっての注意点についてご説明します。 歯医者選びをする場合、まずは狭い範囲に限定せずに選ぶようにしましょう。 近所の歯医者など範囲を限定をしてしまった場合、選べる歯医者が少なくなってきてしまいます。 車などで通える範囲の歯医者も候補として見るようにしていくとよさそうです。

歯医者が多くて困ること

歯医者の役割にはどのような役割が挙げられるでしょうか。
ここでは歯医者でできることについてまずはご紹介します。
みなさんは歯医者についてどのような理解をしておられるでしょうか。
歯医者というと虫歯や歯周病の治療だけをしてもらう場所であると思っている方や治療以外には矯正などをする場所だと思っている方も多いと思います。
しかし歯医者はただ治療をしたり歯並びを良くしたりすることだけが仕事ではありません。

歯医者では治療以外にもさまざまなことをしています。
まず虫歯のチェックです。
歯が痛まないような場合でも虫歯になっている恐れがあります。
場合によっては歯が痛くなってから歯医者に行っても既に進行が進んでいるケースもたくさんあります。
そのため特にお口の中に異常が生じていない時からチェックをしてもらうことが大切になります。
歯医者ではこうした虫歯やその他にも歯ぐきなどの異常の確認、歯周病の有無など検診も実施しています。

続いて歯医者ではブラッシング指導を実施しています。
みなさんは日々、歯磨きをしておられると思います。
ご自身の歯磨きが果たして正しい歯磨きかどうか考えてみたことがあるでしょうか。
歯医者では歯並びを確認したうえで正しい歯ブラシの使い方や歯と歯の間を綺麗にするための方法などを伝授してくれます。
また染め出しなどを行い歯磨き後にどれだけの歯垢が残っているかなども知ることができるため、歯医者でのブラッシング指導を受けてみましょう。

このように歯医者ではお口の中に関する幅広い役割を担っています。

TOPへ